Page thumb f70bc0f7 cc7c 4d5d a39f 7a884fd1bfe6

自分好みのプロジェクト管理ツールが見つからないあなたへ! マイナーだけどおすすめなツール5選【無料プランあり】


こんにちは!PRチームの渡辺です。

みなさん、どんなプロジェクト管理ツールを使っていますか?
自分の仕事や好みにぴったりのツール、出会えていますか?

メジャーどころのBacklog、Asana、Trelloなどは、きっともう試してみた方も多いでしょうし、
詳しく機能を解説しているサイトやブログも多いので、
今回は、あえて日本ではマイナーなプロジェクト管理ツールをご紹介してみたいと思います!

結果、自然と海外製のツールがメインになってしまったのですが、
やはりそこは海外クオリティ、使い心地やUI、UXは圧倒的な素晴らしさです。
「英語はちょっと…」という苦手意識だけで、試してみないのはもったいない!
使い方はシンプルで分かりやすいものばかりなので、ぜひ一度触ってみてください♪
全て無料のお試しプランがありますよ!

 

▼ CONTENTS

  1. Flow
  2. MeisterTask
  3. Redbooth
  4. Realtime Board
  5. Torio

 

Flow

 

https://www.getflow.com

 

アカウント登録の際、ローディング画面でカッコイイ雑学?が英語で次々に表示され、
この時点で、ツールの世界観にガツンとやられます
色使いがポップだけどうるさすぎず、とても見やすいUI、UXで、使っていて心地よいツールです。
サムネ画像ではそれが伝わらないのが悔しい!
ツール全体で強力なブランドマネジメントがなされていて、開発側としても参考になりますね。。。

プロジェクトを新規作成すると、デフォルトで「To do」「In Progress」「Needs Reveiw」「Done」と
リストが作られているのも嬉しい。もうあとはタスクを足していくだけ!
さらにツール内でチャットサポートが起動するので、困ったらすぐ聞けます。(ただし英語対応)
リスト、カンバン、どちらも使用でき、登録したタスクをガントチャートで表示させることもできます。
痒いところに手が届くなあ…

 

 

MeisterTask

 

https://www.meistertask.com/ja

 

まるでMacのデスクトップ画面みたいな背景画像
こんなにダッシュボード画面がかっこいプロジェクト管理ツール、他にあるでしょうか?!
(画像はフリープランでもランダムで選ぶことができ、有料プランだと自由に差し替えられます!)

なんか有名な人の「ちょっとやる気が出る名言」的なものも表示されてる。(リロードの度に変わる)
ウィジェット的な感じで、今日のタスクをリマインドしてくれたり。
ツールを起動するだけでテンションが上がりますね!

個別のプロジェクトページになると、残念ながら背景画像は表示されないのですが、
タスク管理画面のUI、UXもスッキリしていてすごく直感的に操作できます。
自分好みのUI、UXにカスタマイズできるよう、設定項目が充実してるのもいいですね。

しかも、プロジェクトをTrelloやAsana、Wunderlistからインポートして乗り換えることもできる…!
ちょっと今のツールに飽きたな、という方、オススメです!

 

 

Redbooth

https://redbooth.com

 

ツール内でビデオチャットができるという、珍しいツールです!
リモートで働くメンバーと、ビデオ会議しながらタスク登録…なんてことができちゃいますね。

リスト、カンバン、ガントチャートもワンクリックで切り替えられます。
プロジェクトごとにノートやファイルを保存でき、タブ切り替えですぐに探せるのも便利。

さらに、プロジェクト内に掲示板的なスペースもあり、プロジェクトにまつわる相談事などをひとまとめに管理できます。
プロジェクト管理、タスク管理だけでなく、コミュニケーションツールとしての機能が豊富なので、
「メールやらチャットやら、いろいろなツールを併用するのは面倒!」というチームにオススメです。

 

 

Realtime Board

https://realtimeboard.com/

 

厳密にはプロジェクト管理ツールではなく、
「プロジェクトを可視化する」ことに強い「バーチャルホワイトボード」的なツールです。

おしゃれで実用的なテンプレートが豊富で、カンバン方式でタスクを整理することもできますし、
マインドマップを作ったり、フローチャートを作ったり、ロードマップを作ったり
アイデアやブレストの内容を形にしていくことができます。
(Adobe Illustratorのような、デザイン編集機能もあります!)

オンラインで共同編集できるので、リモートワーカーとの会議でも使いやすいですね!

タスクごとに担当を割り振ったりなどの細かい機能はないのですが、
それはカンバンの組み方次第、運用次第でいかようにもできそうです。

 

 

Torio

 

https://www.torio.io/

 

手前味噌でほんと申し訳ないのですが、Torioもまだまだマイナーな部類に入りますので、
最後にちょこっとご紹介させていただきます!
10月23日にカンバン方式での表示にも対応し、さらにパワーアップしました!

実はTorio、他のツールではあまり見かけない、「階層化して整理できる」という点が特徴です。
一般的なタスク管理ツールでも階層化はできるのですが、

プロジェクト
 ∟リスト
  ∟タスク
   ∟サブタスク

と4段階ぐらいまでが多いのです。しかしTorioについては、

プロジェクト
 ∟フォルダ(任意)
  ∟タスクページ
   ∟リスト
    ∟タスク
     ∟サブタスク

と、なんと5~6段階まで階層化することができます。

それのどこがすごいの?逆に複雑なんじゃないの?と感じられるかもしれませんが、
これが意外と使い勝手がいいのです!

例えば、一つのプロジェクトでも、その中で複数の部門が関わったり、
作業項目ごとに少しずつワークフローが違ったりしますよね。
そうしたタスクを全て一箇所にまとめてしまうと、ワークフローがごちゃ混ぜになったり、
画面内のタスク量が多すぎて、全体を把握しづらくなることがあります。

Torioなら、フォルダやタスクページなどの階層を活用することで、
例えばプロジェクトという大きな箱の中に
「開発タスク」「PRタスク」などの部門別フォルダでさらに入れ物を作って情報を仕分けたり
「ブラウザ版 開発タスク」「スマホ版 開発タスク」など、コンテンツごとにタスクページを分けて管理できます

いくつもプロジェクトを乱立させなくていいので、
必要な情報を探しやすく、チーム内での進捗共有も簡単になるのです!
地味だけど実は応用が効く、そんなTorioをぜひ試してみてください♪

 

 

まとめ

 

日本ではあまり紹介されておらず、マイナーだけどかっこいいタスク管理ツールをご紹介してみました♪

タスク管理ツールは、使い慣れると仕事の効率が劇的に変わります。
でも、どんなツールでもそうですが、なかなか自分の仕事や好みにジャストフィットするものには出会えないもの。
この記事をきっかけに、あなたにとって最適なツールが見つかることを願っています!

そして願わくば、Torioを好きになっていただけると嬉しいです。。。笑

 

 

記事一覧へ