Page thumb f6843d5b 2aca 4442 bdbb 8b992675b465

【1週間で学ぶtorioの使い方 Day7 】いち早くマスター!新機能「カンバン方式」とは!?


[ Day 7 ] いち早くマスター!新機能「カンバン方式」とは!?


皆さま、こんにちは!
torio運営会社アスニカ株式会社PRチームの長谷川です。

新入社員の私と1週間で学ぶtorioの使い方コーナー、ついにやってまいりました!
最終回となる7日目です!



さて、最終日は先日リリースされたtorioの新機能「カンバン方式」について
学んでいきたいと思います!

 

  1. カンバン方式って?
  2. 実際に触ってみた

カンバン方式って?

そもそも、皆さん「カンバン方式」って何のことだかわかりますか?
この機能のリリース前、「カンバンが〜、カンバンを〜」という言葉が
社内で何度も交わされていました。
アホな私は
「看板を作るのかな?このご時世、あえてアナログを狙って
torioを宣伝するのかな?斬新だな〜、斬新だ。」
といったお花畑な解釈をしておりました。

カンバン方式とは
元はトヨタ自動車が開発・実施している生産管理方式のことで
ジャスト・イン・タイムという考え方がベースとなっております。
これは「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」という意味があり、
効率よい生産を目指すための基本概念…らしいです!
「へー!」としか思えませんでした!申し訳ございません!


torioのカンバン方式は…
・カンバン方式で「どのタスクが遅れているか」「誰のタスク量が多いか」が視覚的に分かる
・プロジェクトに合わせて、タスクの表示方法を「カンバン」か「リスト」に変更できる

視覚的にわかる。

これ、とても良いです。直感的に一瞬で把握することができます。

 

実際に触ってみた


早速、募集記事テンプレートを使ってタスクを作っていきます!
表示方法を「カンバン」を選択します。



するとこのように表示されました。
そう、カンバン方式はまるでフセンを動かすようにタスク管理が可能になるのです。


このままでも十分なのですが、
もう少しカンバン方式の特徴を活かしたいので
私の場合、「ToDo(やること)」の他に「Doing(進行中)」「Done(完了)」と新たに
リストを追加してみました!




うーん、これだと「写真撮影ToDo」が邪魔なので、横にずらすことにします。


本当はGIFでご紹介したいのですが、ブログの仕様上でできず
申し訳ございません…。
移動はクリック&ドラッグをしながら移動させたい場所へ移していきます。



はい!このように移動できました!





さて、ではタスクを改めて整理します。
先ほどの移動と同様、タスクをドラッグしながら動かします。




今の自分のタスク消費割合がこのように一目でわかるように可視化されると
プロジェクトの全体像が見えてきて良いですね!


またカンバン方式は、担当者別にリストを追加していくことで、
「誰のタスク量が多いか」が一目でわかります!
全体のタスクをメンバー間で分担しながら進めるプロジェクトの際に
担当者別にリストを分けてタスクを追加していく際に、「誰がいま何を担当しているか
誰のタスク量が多いか」を視覚的に把握できるため、適切なタスク配分や平準化に役立ちます。

例えば、下記のようなイベント開催プロジェクトが進行しているとします。
各々のタスクをこのように追加した時に…

 



このように一目で、誰にタスクが偏っているのかわかりますよね。




もちろん、タスクの表示方法は作成後も「リスト方式」「カンバン方式」で
変えることができるので
プロジェクトごとの特性によって変えてみるのもアリです。

右上の「・・・」から設定を選択して


「カンバン」→「リスト」へ変更したら…


リスト方式に戻りました!
自分の使いやすいように、様々と切り替えながら変えてみてくださいね!


 



さて、最終日は新機能である「カンバン方式」を一緒に学ばせて頂きました!

新入社員である私との1週間で学ぶtorio、いかがだったでしょうか?
1日目の私はと言うと、お恥ずかしいほど自社サービスであるtorioに
どういった機能があって、どこをどう動かせば良いのか、
全く理解しておりませんでした。

そんな状態で、皆さんへこのように発信していくことに対してとても不安を感じましたが
それでも、弊社エンジニアメンバーが魂込めて開発してくれた
この素晴らしいツールを皆さんに伝えたい!皆さんと一緒に学びたい!
その一心で発信させて頂きました。

torioは、本当に必要な機能だけを組み込んだシンプルで簡単なプロジェクト管理ツールです!

ですので皆さんの「こういったプロジェクト管理ってなんか難しそう…」というイメージを
少しでも払拭できたなら嬉しいです。

もちろんビジネスだけではなく、普段使いにもおすすめです。
私は水道代の振込を漏れなく行えるようになりました…。

今後も日常生活の様々な場面でtorioがどのように活用できるのか、
このtorio channelから発信していきたいと思います。


とても拙い文章で分かり難かった箇所もあったかと思いますが
7日間にわたり付き合って頂きまして、誠にありがとうございました!
今後ともtorioをよろしくお願いいたします!


(背景が少しさみしい感じだったので、中途半端に落書きをしたところ、結果全てが中途半端な
感じになってしまいました…)

引き続き、皆さまからのご不明点やご要望お待ちしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

*** サポートチームから ***

Torioはまだまだ発展途上のツールなので勿論これからも沢山改善をしていきます!
もし、皆さまが使用していく中で

「こんな機能があったらいいのに…!」
「ここどうなってんの!?」

といったご意見、ご要望があればバシバシと遠慮なくフィードバック頂けると泣いて喜びます!
→ご意見・ご要望は
こちらから
 

記事一覧へ