Page thumb a634b89b 1316 47f4 90a1 f025059f1af3

検索機能を追加! 目的の情報へ素早くアクセス


いつもTorioをご利用いただき、ありがとうございます。
今回のアップデートでは、待望の「検索機能」を追加しました!

管理する情報が増えてくると、

あの打ち合わせメモはどこに保存したっけ?

あの画像データはどこに保存したっけ?

あのタスクはどこに紐付けたんだっけ?

などなど、とにかく「どこにあるんだっけ?」という状態になりますよね。

これまでのTorioは、記憶を頼りに探すしかない状態でしたが(ごめんなさい)、
今回追加された検索機能で、目的の情報に素早くアクセスできるようになりました!
早速、具体的な使い方を詳しくご紹介いたします。

 

検索機能で探せるもの

Torio内に保存されている下記の「文字情報」は、全て検索が可能です。

タスクページ
 ・タスクページ名
 ・リスト名
 ・タスク名
 ・サブタスク
 ・タスク詳細
 ・タスクにアップロードしたファイル名
 ・コメント

ノートページ
 ・ノートページ名
 ・ノート内テキスト
 ・コメント

ファイルページ
 ・ファイルページ名
 ・アップロードしたファイル名
 ・ブックマークしたWebページ名
 ・アップロード、ブックマークしたファイルの説明文
 ・コメント

 

検索機能の使い方

基本的な操作方法は、一般的な検索機能と変わりありません。
特徴的なのは、検索結果をモーダルウィンドウ(ポップアップ)等の別枠で表示するのではなく、Torioの既存ワークスペースを使うことで、検索文字列を含むページへ素早くアクセスできる点です。目的の情報を見つけた後は、そのまま内容の変更、タスクの追加、コピーなどの操作まで、画面を切り替えずに一気に行うことができます。


▼検索機能のデモ動画はこちら

 

 

① 検索バーに文字列を入力し、Enterキー、または虫眼鏡アイコンを押すと検索が実行されます。

 

② 検索した文字列を含むタスクページ、ノートページ、ファイルページが、検索結果一覧に表示されます。

 

③ タスク名、またはサブタスクやコメントなど、タスクの詳細メニューに検索した文字列が含まれる場合は、タスク名が緑色に強調されます。



 

④ 検索結果で表示された各ページは、そのまま通常通り編集が可能です。

 

まとめ


検索機能ができたことで、Torioに保管したデータやメモの管理もますます簡単になりました!
タスク管理以外だけでなく、ノート管理をメインで使いたい方にオススメです。
ぜひ一度、新しい機能を試してみてください♪

 

記事一覧へ