Page thumb e89aeb6d a03c 4d94 8061 496771aaa544 update

タスクの複製機能、定期タスクの設定機能を追加しました


いつもTorioをご利用いただきありがとうございます。

今回のアップデートでは、タスクの複製(コピー)機能、定期的に発生するタスクの「繰り返し設定機能」を追加しました。

 

タスクの複製(コピー)機能


現在登録されているタスクを、詳細情報(期限、サブタスクなど)を含めてコピーして、新規タスクとして登録できるようになりました。類似したタスクを、毎回新しく作成する手間を省くことができます。

例えば、同じフロー、同じ作業項目が発生するような、こんなタスクありませんか?

■求人応募者の対応
ヒアリング→面談日の決定→担当者へ連絡→選考結果ご連絡 など

■Webシステム開発の工程管理
仕様決定→実装→テスト→本番公開 など

■会社の飲み会、イベントの準備
参加者決定、日時の決定、場所の選定・予約、参加者へのリマインド など
 

一つタスクの雛形を作っておけば、今後同じようなタスクが発生した場合には雛形をコピーして複製し、必要な情報だけ書き換えればOKです!

 

▼ 複製(コピー)の方法


1. 複製したいタスクの右側にある□マークをクリックします。


2. タスク名を変更するポップアップが出るので、必要に応じてタスク名を変更します。


3. 「作成」をクリックすると、複製元と同じリストにコピーしたタスクが追加されます。


 

4. 複製される要素は以下の通りです。

■複製される要素
・タスク名
・期限
・繰り返し設定
・サブタスク
・詳細メモ

■複製されない要素
・担当者(複製した人が担当者に設定されます)
・タスクにアップロードしたファイル
・コメント

 

 

定期タスクの繰り返し設定


毎日、毎週、毎月など、定期的に発生するタスクについては、「繰り返し設定」を行うことで、自動的にタスクとして新規登録されるようになりました。

例えば、毎月の経費精算、週次のミーティングなど、定期的に必ず発生するタスクがあると思います。繰り返し設定を行っておくことで、タスクを完了したあと、改めて期限を設定して登録し直す手間が省けます。

 

▼ 繰り返し設定の方法


1. 繰り返し設定を行いたいタスクをクリックして、詳細メニューを開きます。


2. 期限の欄では、直近でのタスクの期限を設定します。


3. 「繰り返し設定」メニューから、繰り返す周期を設定します。

■設定できる周期
・毎平日
・毎日
・毎週
・毎月
・毎年


4. タスクの一覧ページに、設定した内容が表示されます。


5. タスクを完了すると、最初に設定した期限の日時を起算日として、次回のタスクが自動で登録されます。

 


 

▼ 繰り返し設定の例
例えば、下記のタスクの繰り返し設定を行った場合、

期限:2018年8月16日10:00
繰り返し周期:毎週

タスクを完了した際に、自動で以下のタスクが登録されます。

期限:2018年8月23日10:00
繰り返し周期:毎週

 

▼ 自動生成時に複製される要素
完了後、自動で次回のタスクが登録された際には、下記の要素を引き継ぎます。

■複製される要素
・タスク名
・担当者
・期限(設定した繰り返しのタイミングに合わせて、次の期限が自動で登録されます)
・繰り返し設定
・サブタスク
・詳細メモ

■複製されない要素
・タスクにアップロードしたファイル
・コメント

 


 

今後も随時アップデートを行い、より使いやすいツールを目指してまいります!

ぜひこちら↓から新機能を試してみてくださいね。

 

Torioにログイン

Torioを始める

記事一覧へ