Torioのはじめかた


新しくアカウントを作成したら、

まずは、次の4ステップで最初のタスクを登録、管理してみましょう。

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

STEP 01


やるべきことを整理して見える化する

まずは自分の抱えている仕事やプライベートのTodoを、大きなプロジェクトに分けて整理しましょう。案件別に分けたり、イベントや買い物リストでプロジェクトを作ってもOK!



プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

STEP 02


Todoをタスクとして登録する

作成したプロジェクトごとに、思い付いたTodoをタスクとしてリストアップしていきましょう。リストを使って、時系列や業務内容でタスクをグルーピングすることもできます

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

STEP 03


タスクの期限を決める

タスクをリストアップできたら、それぞれ「いつまでに完了させるのか」を明確にしましょう。Googleカレンダーと連携させれば、タスクの期限が自動でカレンダーに登録されます!

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

STEP 04


今日やるべきタスクに取り組む

タスクが登録できれば、あとは期限を守って進めるだけ。ダッシュボードを確認すれば、期限が近いタスクや重要なタスクも見逃しません。

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

+α



一緒に仕事をする仲間をTorioに招待する

Torioに慣れてきたら、一緒に取り組む仲間をプロジェクトに招待しましょう。
Slack、ChatWorkと連携させれば、タスクの依頼も自動で相手に通知されます!


torioブログ

今すぐ外出先でも移動中でも、家事育児の合間でも。
いつでもどこでも、プロジェクトを管理。

スマートフォンアプリ版Torioなら、スキマ時間でも簡単にアクセス可能。ブラウザ版とリアルタイムで同期されるため、最新の情報をいつでも共有、確認できます。


新規登録
プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

今すぐ仕事を効率化しよう

多くのスタートアップ・ベンチャーが注目している「Torio」を、
今すぐ試してみませんか?どなたでも、30日間無料でお試しいただけます。
お支払いは一切不要です。