人事総務・経理

選考状況の管理や、申請書類のテンプレート保管、社内イベントの準備など、多種多様な業務をTorioでひとまとめに。
閲覧範囲を制限できるので、個人情報も管理できます。


CASE 1

すみれリビング様ロゴ

アナログ管理していたタスクを「見える化」でき、業務効率が改善しました

利用事例:坪井秀成様

すみれリビング株式会社
経営アシスト本部  企画開発・システムチーム
サブリーダー    坪井 秀成 様


導入前

当社は岐阜県内に4つの事業所があり、リーシングやプロパティマネジメントなどの事業を展開しています。部門やチームの数も多いなか、業務や情報の管理方法がアナログで、属人的になっている点が課題でした。例えば、担当者が不在だったり退職してしまうと、必要な情報がスムーズに探せず、対応に時間がかかることもしばしば。会議で受けた指示なども、各々のメモや記憶、議事録を頼りに管理していたので、情報が埋もれやすく、対応漏れが発生していました。まずは業務を「見える化」してアナログ管理から脱却するため、Torioを導入しました。

導入後

Torioにタスクを登録することで、一人ひとりが抱えていた業務を一箇所で「見える化」することができ、部門全体の業務内容と進捗を把握しやすくなりました。タスクの担当者をしっかり決めることで、対応漏れや二重対応もなくすことができています。社内の業務連絡にはチャットワークを使っているので、タスクの更新情報がチャットワークに通知され、情報共有がスムーズになる点も助かっています。今後は会議の最中に発生したタスクも、その場でTorioに登録していく形で運用し、より抜け漏れなく業務を進められる体制づくりを進めていきます。

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【人事総務・経理】タスク管理機能で採用管理行った際のスクリーンショット

「タスク機能」で、採用の選考状況をチームで管理・共有


選考フェーズ別でタスクをリスト化すれば、どの応募者がどのステータスにあるのか一目でわかります。

タスクのドラッグ&ドロップを使って、求人応募者の選考フェーズを簡単に変更できます。

連絡事項などをサブタスクに登録し、抜け漏れを防止できます。

面接日程をタスクの期限に登録して、担当者を変更すれば、Googleカレンダーに自動で予定を同期します。

面接後の感想をコメント欄に入力して、二次面接の担当者に共有できます。

履歴書、職務経歴書、ポートフォリオなどのデータも、応募者ごとにアップロード可能。


請求書、稟議書などの書類のテンプレート共有、提出も「ファイル」で一元管理


社内全員が使用する書類のテンプレートは、「ファイル」で管理すればいつでも最新版を参照できます。

「書類提出BOX」をTorioに作れば、メールでの提出も不要に。

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【人事総務・経理】ファイル管理機能で申請書の管理を行った際のスクリーンショット

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【人事総務・経理】タスク管理機能で総務の方が物品購入などのTodo管理を行った際のスクリーンショット

物品購入リスト、社内イベントなどのTodoもタスクで管理


「あれが無くなったな」と思ったら、タスクに登録しておけば抜け漏れがなくなります。

準備事項や関係者が多くなる社内イベントも、タスクとしてリストアップして担当者に割り振りができます。

細かい作業もサブタスクに登録すれば、どこまで終わっているか、何をすべきかをすぐに把握できます。

プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

今すぐ仕事を効率化しよう

多くのスタートアップ・ベンチャーが注目している「Torio」を、
今すぐ試してみませんか?どなたでも、30日間無料でお試しいただけます。
お支払いは一切不要です。