その働き方を、Torioでもっとスマートに。

あらゆるチームの仕事を効率化するプロジェクト・タスク管理ツール



プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

新機能!





タスクの「カンバン方式」表示

「どのタスクが進んでいないか」「誰のタスク量が多いか」が一眼で分かる、タスクの「カンバン方式」表示に対応しました。 タスクの進捗や量を「見える化」できるため、プロジェクトの遅延防止や業務負荷の平準化に役立ちます。従来の「リスト方式」にもいつでも切り替え可能で、プロジェクトの内容に合わせて選択できます。





情報を整理して、つなげて、仕事を効率よくマネジメント。

チームの働き方をスマートにする、プロジェクト・タスク管理ツールです。

タスク管理も、ファイル共有も、チームのコミュニケーションも。
プロジェクト運営に必要なものは、すべてTorioにそろっています。
複数のツールを横断する手間や、情報の確認もれを無くして、プロジェクトをスマートに進めましょう。
プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

情報をためて整理する


プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

情報をつなげる


プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

仕事がはかどる



>Torioのはじめ方を見る

Torioでできること



チームの働き方が変われば、一人ひとりの時間がもっと増えます。
よりクリエイティブなことに注力したり、スキルアップの時間を作ったり。
Torioで効率よく仕事を進めて、次のイノベーションに取り掛かりましょう。

タスク管理



やるべきことを整理して見える化する

思いついたタスクやTodoはサクサクTorioに登録して、頭の中を軽くしましょう。リストを作って仕分けしたり、期限や担当者、サブタスクを設定して、「誰が、いつまでに、何をするのか」を見える化すれば、今やるべきことに集中できます。

▼ユーザーダッシュボードで「今やるべきタスク」を確認
▼リストを使ってタスクを整理
▼ラベルで緊急度や優先度を明確に
▼要注意のタスクにはピンを付けて見逃さない



プロジェクト管理



プロジェクトの進捗をチーム全員で把握

期限が近いタスク、新着のタスクなど、特に要注意なものはダッシュボードで素早く把握できます。議事録やメモは「ノート」に蓄積し、ドキュメントは大容量ストレージとして使える「ファイル」で保管して、情報をリアルタイムに共有しましょう。

▼プロジェクトごとのダッシュボードで全体の進捗を確認
▼テンプレート機能で簡単にプロジェクトを作成
▼ノートで議事録やメモを簡単に共有
▼ドキュメントを大量保存できるストレージ



コラボレーション


コミュニケーションロスをなくして仕事を円滑に

お使いのチャットツールやカレンダーと連携させれば、タスクの更新や依頼を自動でメンバーに通知でき、伝え忘れや確認漏れをなくせます。コメントを残したり、「いいね!」を付けたり、タスク管理を通じてコミュニケーションを増やしましょう。

▼Slack、ChatWork、Googleカレンダーと連携
▼テンプレート機能で簡単にプロジェクトを作成
▼モバイルアプリで移動中や外出先でもタスクを管理
▼コメント機能で簡易チャットも






ご利用事例



どんな職種の方にも使いやすいシンプルさも、Torioの特徴のひとつです。
システム開発や制作、営業や人事総務など、
全社でのコラボレーションを促進しましょう。


CASE 1

LIG様ロゴ

TorioはPCを触った事がある人なら誰でも使えるプロジェクト管理ツールです。

利用事例:記事広告制作チーム

株式会社LIG
記事広告制作チーム    斎藤 岩 様


導入前

今までプロジェクト管理ツールをいくつか試していましたが、そのツール独自の機能や概念に慣れるのに時間がかかってしまい、プロジェクト管理ツールを使うことが目的化していました。全体的なスケジュールはスプレッドシートで管理していても、細かいタスク管理は各メンバーが属人的に行っており、その結果、差し込みタスクが入ったときに他のタスクを後回しにしてしまい、漏れが生じることがありました。

導入後

TorioはPCを触ったことがある人だったら直感的に分かるUIです。新人が入ってきてもすぐに使い方に慣れてくれました。漏れが起きないように、企画〜納品までの細かいタスクをテンプレートとして登録し、新規案件が来たらすぐにTorio上でプロジェクトを立ち上げて進行しています。また、googleカレンダーやChatWorkなどの外部サービスとの連携が優れており、導入しやすかったです。


CASE 2

すみれリビング様ロゴ

アナログ管理していたタスクを「見える化」でき、業務効率が改善しました

利用事例:坪井秀成様

すみれリビング株式会社
経営アシスト本部  企画開発・システムチーム
サブリーダー    坪井 秀成 様


導入前

当社は岐阜県内に4つの事業所があり、リーシングやプロパティマネジメントなどの事業を展開しています。部門やチームの数も多いなか、業務や情報の管理方法がアナログで、属人的になっている点が課題でした。例えば、担当者が不在だったり退職してしまうと、必要な情報がスムーズに探せず、対応に時間がかかることもしばしば。会議で受けた指示なども、各々のメモや記憶、議事録を頼りに管理していたので、情報が埋もれやすく、対応漏れが発生していました。まずは業務を「見える化」してアナログ管理から脱却するため、Torioを導入しました。

導入後

Torioにタスクを登録することで、一人ひとりが抱えていた業務を一箇所で「見える化」することができ、部門全体の業務内容と進捗を把握しやすくなりました。タスクの担当者をしっかり決めることで、対応漏れや二重対応もなくすことができています。社内の業務連絡にはチャットワークを使っているので、タスクの更新情報がチャットワークに通知され、情報共有がスムーズになる点も助かっています。今後は会議の最中に発生したタスクも、その場でTorioに登録していく形で運用し、より抜け漏れなく業務を進められる体制づくりを進めていきます。

torioブログ

今すぐ外出先でも移動中でも、家事育児の合間でも。
いつでもどこでも、プロジェクトを管理。

スマートフォンアプリ版Torioなら、スキマ時間でも簡単にアクセス可能。ブラウザ版とリアルタイムで同期されるため、最新の情報をいつでも共有、確認できます。


新規登録
プロジェクト管理・タスク管理ツール-Torioの利用事例【カスタマーサポート】対応履歴の管理でタスク管理機能を使用した際のスクリーンショット

今すぐ仕事を効率化しよう

多くのスタートアップ・ベンチャーが注目している「Torio」を、
今すぐ試してみませんか?どなたでも、30日間無料でお試しいただけます。
お支払い情報の登録は一切不要です。